2014/09/02 11:07:02 |

内視鏡の看護師のメリットは、規則正しく仕事のできる所でしょう。たいていの所は夜勤はありません。残業に関しても、大体あらかじめスケジュールを組んで内視鏡検査を行うので、よほどのことがない限り残業が長引くということはないでしょう。

 

また土日や祝日は休みという所も多いので、規則正しく仕事をしたいと思っている人にとっておすすめです。土日休み&夜勤なしの求人といえば、産業看護師 求人がありますが、求人入手難易度が高いというデメリットがあります。

 

ママさん看護師で、そろそろ職場復帰をしようと思っている人はいませんか?ママさん看護師の場合には、家事や育児との両立をどのようにすればいいのかという問題があります。

 

内視鏡看護師の場合、土日や夜勤のない所が多いので感じや育児との両立もしやすいのではないでしょうか?その割には決して給料は安くはありません。時給相場で見てみた場合、2000円前後くらいになるといわれています。病院になると、託児所が用意されている所もあるので、未就学児のいる場合でも託児所に子供を預けて自分は仕事ができます。

2014/08/12 12:56:12 |

内視鏡検査を受けるにあたって、患者にはいろいろな制約が課せられます。たとえば、内視鏡検査を受けるにあたって絶飲食にする必要があります。もし食べ物や飲み物を検査前に入れてしまうと、内臓の様子をしっかりと確認できなくなってしまう恐れがあります。

 

その他にも検査をした後に、一定期間の飲食制限が課せられることもあります。麻酔をかけているので、麻酔の効果が残留している間は飲食制限がかけられます。このような内視鏡検査するにあたって、前日から当日にかけていろいろな制限があるのでそれを説明するのが看護師の仕事です。

 

患者は医療に関しては素人です。このため、なるべく専門用語を使用しないでわかりやすい言葉で説明をしましょう。また患者やその家族からいろいろとわからないことや不安なことに関して質問してきます。そのような質問に関しても、どのような些細なことであったとしてもきちんと親身になって説明するように心がけてください。

2014/08/12 12:56:12 |

スキルアップをしていきたいと思っている看護師は、内視鏡室への転職を検討してみるといいでしょう。内視鏡室の看護師の業務はほかの診療科目と比較すると、特殊な業務が多いといわれています。患者の中には口や鼻、肛門などから管を入れた検査を受けたことのある人は少ないです。このため内視鏡検査を受けるときに不安を覚える人の多い傾向があります。

 

そこで内視鏡室の看護師の業務の中でも重要なのは、精神的なケアといわれています。患者の不安を和らげるために、いろいろと話しかけていきましょう。このため、ある程度患者とのコミュニケーション経験を持ったキャリアのある看護師の方が適しているといえます。

 

消化器官の内視鏡検査の場合、患者が心身ともに緊張していると、うまく検査を進められなくなってしまいます。そうすると検査のスケジュールに影響が出ますし、患者の体にもより大きな負担のかかってしまう可能性が出てきます。ですから患者をリラックスさせることは、大変重要な業務といえます。

2014/08/12 12:56:12 |

内視鏡検査の当日の看護師の仕事もいろいろとあります。内視鏡検査の当日は、スムーズに医者が検査できるようにいろいろな準備をしていきます。検査器具のセッティングを行ったり、正常に機能するかどうかのチェックをしたりします。また消毒などの処理も行うのが看護師の業務になります。

 

内視鏡検査を行っている間は、患者の様子を観察する業務があります。内視鏡検査をしているときに、いろいろと患者の体調が変化する可能性もあります。顔色のチェックをしてみるとか、血圧のモニターをして異常な数値になっていないかどうか確認します。

 

局所麻酔で行うケースが多いので、患者の意識はあります。そこで問題ないか話しかけてみるなどの業務を行います。内視鏡を入れるときにむせるなど、苦しい様子を見せる患者も中にはいます。そのような人に対しては、患者の背中をさするなどの介助をすることもあります。手術と違ってそれほど緊迫した状態で業務をすることは少ないです。しかし患者は不安を抱えますので、やさしく励ますことが求められます。

2014/08/12 12:55:12 |

内視鏡関係の仕事についてみたいと思っている看護師がいれば、内視鏡クリニックに転職してみる方法もあります。内視鏡クリニックの求人情報を見てみると、土日や祝日は休みで、入院病棟もないので夜勤はなしとしている案件が多いです。ゆとりを持って仕事をしたいとか、規則正しく仕事をしていきたいと思っている人にとってはおすすめの職場といえるでしょう。

 

内視鏡クリニックの求人を見てみると、常勤スタッフというよりもパート看護師の募集が多く出ているようです。パートの場合、案件によっては午前中だけとか午後だけ、週5日出てこなくてもいいような求人もあるので、自分のスケジュールを優先して仕事ができます。

 

内視鏡クリニックの場合、経験者の方が有利といえます。経験者でなかったとしても、点滴や注射がうまくて自信を持っているのであれば転職活動の時にその部分をアピールしてみてください。そうすれば、採用される可能性も高まります。アピールポイントを整理して、面接に臨みましょう。