内視鏡検査当日の看護師の業務

内視鏡検査の当日の看護師の仕事もいろいろとあります。内視鏡検査の当日は、スムーズに医者が検査できるようにいろいろな準備をしていきます。検査器具のセッティングを行ったり、正常に機能するかどうかのチェックをしたりします。また消毒などの処理も行うのが看護師の業務になります。

 

内視鏡検査を行っている間は、患者の様子を観察する業務があります。内視鏡検査をしているときに、いろいろと患者の体調が変化する可能性もあります。顔色のチェックをしてみるとか、血圧のモニターをして異常な数値になっていないかどうか確認します。

 

局所麻酔で行うケースが多いので、患者の意識はあります。そこで問題ないか話しかけてみるなどの業務を行います。内視鏡を入れるときにむせるなど、苦しい様子を見せる患者も中にはいます。そのような人に対しては、患者の背中をさするなどの介助をすることもあります。手術と違ってそれほど緊迫した状態で業務をすることは少ないです。しかし患者は不安を抱えますので、やさしく励ますことが求められます。