内視鏡室で働く看護師の仕事内容

スキルアップをしていきたいと思っている看護師は、内視鏡室への転職を検討してみるといいでしょう。内視鏡室の看護師の業務はほかの診療科目と比較すると、特殊な業務が多いといわれています。患者の中には口や鼻、肛門などから管を入れた検査を受けたことのある人は少ないです。このため内視鏡検査を受けるときに不安を覚える人の多い傾向があります。

 

そこで内視鏡室の看護師の業務の中でも重要なのは、精神的なケアといわれています。患者の不安を和らげるために、いろいろと話しかけていきましょう。このため、ある程度患者とのコミュニケーション経験を持ったキャリアのある看護師の方が適しているといえます。

 

消化器官の内視鏡検査の場合、患者が心身ともに緊張していると、うまく検査を進められなくなってしまいます。そうすると検査のスケジュールに影響が出ますし、患者の体にもより大きな負担のかかってしまう可能性が出てきます。ですから患者をリラックスさせることは、大変重要な業務といえます。