内視鏡看護師の重要な役割「検査説明」について

内視鏡検査を受けるにあたって、患者にはいろいろな制約が課せられます。たとえば、内視鏡検査を受けるにあたって絶飲食にする必要があります。もし食べ物や飲み物を検査前に入れてしまうと、内臓の様子をしっかりと確認できなくなってしまう恐れがあります。

 

その他にも検査をした後に、一定期間の飲食制限が課せられることもあります。麻酔をかけているので、麻酔の効果が残留している間は飲食制限がかけられます。このような内視鏡検査するにあたって、前日から当日にかけていろいろな制限があるのでそれを説明するのが看護師の仕事です。

 

患者は医療に関しては素人です。このため、なるべく専門用語を使用しないでわかりやすい言葉で説明をしましょう。また患者やその家族からいろいろとわからないことや不安なことに関して質問してきます。そのような質問に関しても、どのような些細なことであったとしてもきちんと親身になって説明するように心がけてください。